介護DXで効率化を。ケアの質を上げる最新テクノロジー

介護の仕事

介護現場を支えるテクノロジー

介護現場で働く方々にとって、「DX」とはちょっと耳慣れない言葉かもしれません。DXは「デジタルトランスフォーメーション」の略で、デジタル技術によって生活やビジネスをよりよく変えていくことを表しています。

介護現場にあてはめると、スマホなどのデジタル端末を活用して介護記録をペーパーレス化したり、介護ロボットを導入して職員の負担を軽減するといった取組みがこれに当たります。

今回は、介護現場のDX最新具体例をご紹介していきます。新しいテクノロジーが日々開発されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

介護現場のDX例

タブレットで介護記録をつける女性介護士

介護の情報を手間なくデータ化&共有

その人の状態に合わせた適切な介護を行うためには、介護計画や行ったケア内容、血圧・脈拍といったさまざまな情報をこまめに閲覧・記録していく必要があります。これらをいちいち紙に手書きしたり、ファイリングしたものを探して閲覧するのは大きな手間。介護の情報をデータ化してインターネット上で共有するDXは、介護と非常に相性の良い分野です。

現場ではタブレットやスマホなどのデジタル端末を使い、職員が写真付きで介護記録を入力したり、出退勤の登録をしたりできるシステム等が採用されています。

これまで紙に出力し持ち運んでいた介護の計画や記録を手元で確認・入力できるようなるのが大きなメリット。また入力した情報はすぐさま他の職員と共有され、タイムリーかつスムーズに最新情報を共有できます。

その他、勤怠管理や介護保険の請求までひとつのシステムで完結することで、シフトの作成や給与計算、請求業務まで、事務仕事にかかる手間と時間をグンと節約。ペーパーレス化により大量の書類を管理する手間も省けます。

最近ではデータ入力の際に手を使わず、音声で入力できるようにするアプリが注目を浴びています。AIが介護に関する言葉を認識して文字に変換してくれるため、専門用語が多くても大丈夫。手が汚れているときもサッと使えるから、後で入力しようと思って忘れてしまうミスが減らせます。日本語の読み書きに慣れていない外国人スタッフにとっても大きな助けになりそうですね。

「CareWizハナスト」

センサーで数値を自動計測・データ化

各種センサーによって遠隔で見守りを行うシステムは、近年多くの施設で採用されるようになってきました。そんななかでも最近とくに注目されているのが、腕時計型のウエアラブル端末です。

要介護者に直接身につけてもらうことで体温や血圧、血中酸素濃度などを自動で計測して記録することが可能です。スタッフが数値を計測したり記入したりする手間を省くだけでなく、高齢者の体調に変化があればすぐに気付くこともできます。

ベッドなどに取り付けるセンサーでは、夜間寝ているときの健康状態は確認できても、ベッドから離れているときまではフォローできません。その点ウエアラブル型端末なら、身につけている間はどこにいても状態が分かるので安心ですね。

「Primary Care Robot / プライマリケアロボット」

ケアプラン作成にAIを活用

ケアマネジャーが作成するケアプランは、今後どのように介護サービスを利用し改善を目指していくかの道筋となる重要なもの。経験豊富なケアマネジャーと、経験の浅いケアマネジャーでケアプランの質が変化してしまうようでは困ります。そこで注目されているのがAI技術です。

ケアプラン作成時にAIを活用すれば、AIに学習させた膨大なデータをもとに、改善の可能性が高いケアプランを予測することが可能に。これを参考にすることで、新任のケアマネジャーでも精度の高いケアプランを手間をかけずに作成できるようになると考えられます。

その他にも、ケアマネジャーがつくったケアプランと比較して新たな気付きを得たり、本人や家族への説明時に客観的データを示すことで納得感を得るなど、さまざまなメリットが期待されています。

ケアマネジャー向けケアプラン作成支援AI「ミルモぷらん」

AI搭載のコミュニケーションロボット

AIを搭載したコミュニケーションロボットも介護DXの一例。会話のなかで一人ひとりの顔と名前、行動や趣向などの情報を蓄え、その人への理解を深めていきます。そのため機械にありがちな文脈を無視した会話にはならず、自然なコミュニケーションを楽しむことができます。

身振りなどのモーションもかわいらしく、利用者さまのことを一人ひとりしっかり覚えているので愛着がわきやすいのもメリット。高齢者にとって孫のような存在として、笑顔や会話を増やしてくれる効果が期待できます。

会話のできる癒やし系コミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」

DX化にともなう課題と注意点

手を取り合う介護士と利用者

「一部屋ずつ歩いてまわって安否確認」「忘れないように紙にメモ」・・・今まではアナログでがんばってきたことも、最近はデジタル技術によって自動化され、その場で作業が完結できるようになってきています。

それにより職員の体力的・時間的な負担がグンと軽減できることは大きなメリットですが、逆に気を付けておきたいこともあります。

たとえばバイタルデータ計測のために個々の居室を回らなくても良くなる分、利用者さまと接する機会が少なくなるリスクがあること。効率化できた時間で意識して会話や触れ合いを増やしていくことで、「浮かない表情をされているな」「膝をかばう動きをされているな、痛むのかな?」など、データには表れにくい不調に気付くチャンスをつくっていきましょう。

また、DX化で集められるデータは数値でしかありません。「このデータが何を表しているのか」が分からないと求められるケアができないため、データを詳しく読み解くスキルも磨いていく必要があるでしょう。

忙しい介護現場をDXでサポート

車いすを押す女性介護士

介護の仕事では、人の微妙な変化を察知してケアに反映することが求められます。そのため今までは機械では対処できない部分が多くありました。しかし最近では、AIにさまざまな事例を学習させたり、膨大なデータを分析させたりすることによって、より現場に即した使いやすい形へと進化しています。

たとえば介護用語を学んだAIがサポートする音声入力なら、誤変換でイライラさせられることがありません。パソコン・スマホでの入力作業に慣れていない職員や外国出身のスタッフも、入力がグンと楽になりますね。

効率化できた時間で、AIにはできない創造的な仕事や、感情をくみ取ってケアに活かすといった仕事を増やしていきたいところ。テクノロジーは日々めざましい進化を続けています。アンテナは常に立てておき、気になるものがあればぜひ取り入れてみてください。

こちらのコラムも参考に↓
「使いこなせば介護の負担が軽くなる!「ICT」とは」

「介護ロボット補助金が大幅拡充!交付の流れと導入のコツ」

かいごGarden noteは、介護の求人サービス「かいごGarden」が運営する介護の情報サイトです。

介護のお仕事をお探しの方、お悩みの方はぜひ、「かいごGarden」へご相談ください!

この記事をシェア

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

週間人気ランキング

かいごGarden noteとは?

かいごGarden noteは、介護の求人サービス「かいごGarden」が運営する介護の情報サイトです。
介護のお役立ち情報や、介護の仕事のお悩み情報などを掲載しています。